開業・転職を考えてみる

みんなのお仕事体験談

電子デバイスのエンジニアの仕事

calendar

reload

電子デバイスのエンジニアの仕事

大学で電子工学を専攻し、卒業後に電子部品会社に就職しました。

もちろん、専門を活かせるエンジニアとしての就職で、研究所を希望していましたが、配属はある事業部の技術部門でした。

製品企画から開発・設計そして生産・販売やる事いっぱい

事業部では製品企画から開発・設計そして生産までを一貫して担当し、販売は事業部の販売促進部門の支援を受けて、全事業部の製品を販売する営業本部に託すと言う組織運営がなされています。

こうした事業部の技術部門は、販売促進部門を中心に行われる製品企画にも参画し、社内基準で定められた開発ステップの関門を通り、設計品質とコストデザイン等の目標をクリアーして初めて生産に移されます。

生産が始まってからのトラブルシューティングは品質管理部門が中心に行いますが、開発・設計に立ち戻る必要がある場合には、技術部門も現場に立ち、改善に汗を流します。

また新製品を販売すると、販売促進部と共に各営業所等に商品説明を行い、他社との差別化ポイントを理解してもらい、積極的に拡販してもらう様に働きかけます。

また、営業所のセールスに帯同し、お客さんである電子機器メーカーのバイヤーやエンジニアに新製品の売り込みも行います。

以上の様に、電子部品会社の事業部のエンジニアは、設計開発のみならず、企画から販売まで関るのです。

研究部門は、要素技術や先行商品開発を担い、技術を深く掘り下げる事が主要な仕事ですが、事業部のエンジニアは技術を核として事業全体に関わる仕事と言えます。

同じ技術者でも、研究部門が向く人と、事業部の技術部門が向く人の違いがあります。

私は事業部の技術部門の仕事のやりがいが理解できておらず、入社時には研究部門を希望しましたが、今では事業部の技術部門に配属されて良かったと思っています。

常に勉強スキルアップを図る事が大事

自己成長に向けてのスキルアップには、事業部の担当製品の技術を掘り下げ学ぶ事も必要ですし、営業技術力も磨く必要があります。

また最近では海外企業への売り込みの為に海外出張も増えており、ビジネス英語のスキルの必要性も強く感じています。

色々なスキルアップを図る事が必要で、常に勉強が必要です。

しかし、自分が努力した結果として、自分の担当する製品が事業部の主力製品となり、事業部の経営を支える一つの柱となった時の喜びには計り知れないものがあります。

一般消費者が購入者となる電子機器と違って電子デバイスはBtoBビジネスの典型です。

こうしたBtoBビジネスでエンジニアを経験すれば、技術、販売関連のキャリアはもちろんの事、経営的なスキルも身に付きます。

経営に参画している意識を持てる仕事を求める人にとっては、電子デバイスのエンジニアの仕事はお勧めの仕事と言えると思います。

若いエンジニアにはどんどん挑戦して欲しいものです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder pick up

初期費用0円で上京!憧れの東京で1人暮らしスタート!
more...

folder アルバイト

お店への愛着が一番!居酒屋でのホールスタッフアルバイト
more...

folder エンジニア

電子デバイスのエンジニアの仕事
more...

folder ネットショップ

ネットショップにおける体験談
BASEで開業。初めてのネットショップ 経営の難しさ
more...

folder 事務・受付

働きながら英会話力がアップ!
more...

folder 体験談

歯科衛生士の主な仕事
ライブハウスのホールの仕事
本屋で働くということ
more...

folder 保育士

保育士はつらいよ
more...

folder 副業

私のせどりとの出会いから現在
more...

folder 医療

放射線技師という仕事の体験談です
more...

folder 独立開業・フランチャイズ

旨味も苦味もある独立開業 靴修理・鞄修理・合鍵作製
スイーツ好きが高じてついに開業
ネイルサロン
more...