開業・転職を考えてみる

みんなのお仕事体験談

リポーターの仕事は生放送でした

calendar

reload

リポーターの仕事は生放送でした

私は23歳から福岡の放送局のリポーターをしていました。

その仕事を得るためには、厳しいテストを受けなければなりませんでした。

とても華やかな仕事ですので、テストを受ける人も多く、募集項目には「容姿端麗」ということもありました。

最初のテストは筆記テストで、私はアメリカから戻ってきたばかりだったので、のんきにテストを受けに行ったのですが、他の人たちはテストのギリギリ前まで、参考書を読んだりして勉強していました。

私はもしそのテストに落ちても、またアメリカに戻って大学で勉強するつもりでしたので、それほど期待していませんでした。

でも、1次テストに合格して、2次テストに進みました。

マイクテストや面接などがあり、2次テストにも合格して、3次テストにも合格して、最終的に5人が選ばれることになっていました。

私はその5人の中に入っていました。そして、合格してから研修が始まり、リポーターとして物事を生放送で的確に伝える方法を学びました。

 

それで、日本でしばらくリポーターとして仕事をしていたのですが、その後、またアメリカに戻ることになりました。

そして、2001年の911同時多発テロが起こり、その時に真っ先に日本に当時のニューヨークの様子をリポートすることができました。

そして、イチロー選手が大リーグに移籍した後のことのリポートをしたり、松井選手がニューヨークヤンキースで活躍しているところをリポートしたりしていました。

ニューヨークで生放送

私は国際的なリポートをすることになったのです。

そして、毎年、ニューヨークのロックフェラーセンターの巨大なクリスマスツリーのリポートをすることになりました。

毎年11月下旬になるとロックフェラーセンターのクリスマスツリーのそばから生放送をすることが恒例になりました。

私の場合は全て生放送なので、言い間違いなどができず、臨機応変に対応することが必要でした。

リポーターの仕事はそれほど好きではありませんでしたが、母が私の放送を楽しみにしていたので、親孝行のためにと思ってやっていました。

生放送は言ってしまったらそれで終わりなので、緊張感があり、やりがいはありました。

ニューヨークの様子を日本に伝えることはとても面白かったです。

日本では知られないニューヨークのことを伝えることに楽しみを覚えましたし、ニューヨークの人々の声を生で届けることができたので、とても臨場感があって、聞いている人たちも楽しんでくれたような気がします。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

保育士はつらいよ
独立はしっかりとした計画が大切です 塗装業
見た目とのギャップが多い花屋

folder pick up

初期費用0円で上京!憧れの東京で1人暮らしスタート!
more...

folder アルバイト

お店への愛着が一番!居酒屋でのホールスタッフアルバイト
more...

folder ネットショップ

BASEで開業。初めてのネットショップ 経営の難しさ
more...

folder 事務・受付

働きながら英会話力がアップ!
more...

folder 体験談

リポーターの仕事は生放送でした
保育士はつらいよ
見た目とのギャップが多い花屋
more...

folder 医療

放射線技師という仕事の体験談です
more...

folder 独立開業・フランチャイズ

スイーツ好きが高じてついに開業
ネイルサロン
エステティックサロン経営 体験談
more...